白内障治療薬|ペットくすりをご利用に際には会員登録を

ペットの白内障治療薬

ペットくすり

ペットも目の病気である白内障にかかることがあります。歩いていてもふらついたり、眼球が濁っていたりすると、白内障の疑いがあります。ペットが白内障になる原因は様々です。目の環境が清潔でなかった場合やペット自身の老化などがあります。

 

 

ペットくすりではペットの白内障の治療に利用することができる医薬品を取り扱っています。キャンC・シーナックと呼ばれるもので、動物病院で処方されるものと同じ成分のものです。ペットくすりのキャンCは海外から発送されます。そのため輸送には時間がかかってしまいます。白内障を患い始めたころから投薬し続けることが望まれます。

 

使い方は目薬のようにペットの目に点眼するだけで簡単に使うことができます。白内障の治療は、ペットに手術を受けさせる必要がありましたが。アジーおかげで手術をせずに治療できるケースが増えてきているといわれています。

 

手術による治療の場合はペットの目の水晶体を人工のものと交換します。手術代も高額になることが一般的でしたが、キャンCやシーナックのおかげで、自宅で投薬によって症状の進行を遅らせたり、回復に向かわせることができるようになってきました。

 

ただし、キャンCの効果にはペットごとの個体差があります。よく効果が表れることもあれば、まったく現れないこともしばしばあります。

このページの先頭へ戻る